ゴミを拾う人はゴミを捨てない。
掃除する人は汚さない。
ゴミを捨てない人が増えると、世の中が良くなります。
掃除する人が増えると、世の中がきれいになります。

いかが思われます?
私はとても納得しています。
だから可能な限りゴミを拾い、公共の場を掃除することにしています。
三年前に一人で始めた公衆トイレ掃除が、4~5人の掃除になりました。

昨日、掃除に参加して下さった男性が、
「掃除に出かけるまではめんどくさい。行くか行かないか迷う。
けれど、迷い続けるくらいなら行こうで参加できた。」と語られました。

やるかやらないか迷ったらやる。
38歳のときに受講したセミナーで教えてもらった至言ですが、
ひょっとすると、それは人生に悔いを残さない秘訣かもしれません。
思わぬのところでのその言葉との再会を喜んでいます。